刀装具

無銘(吉岡)(江戸初期)

保存刀装具


特徴

吉岡家は重次を祖とし明治期まで続き、代々当主は家督を相続をし因幡介を受領した。家康の頃から徳川家のお抱工として将軍家に納めていたので上代の作は全て無銘で後代には在銘作はまま見られる。 本作は無銘で赤銅魚子地に金地で桐紋が散らしてあり、抱き茗荷や二両引き等の家紋が添えられ金覆輪が施されている。極めは江戸時代初期の吉岡の作となっており江戸初期に用いられた素材の良さが感じられる品の良い鍔となっている。

詳細

図柄 武鑑散図
時代 江戸
武蔵
材質 赤銅
6.8cm
6.5cm
重ね 0.4cm

金額

200,000円