刀装具

無銘(二子山派)

保存刀装具


特徴

 二子山とは江戸後期に活躍した尾張鐔工の則亮が住した地。則亮の作にある古風漂わせる車透かしの図案となり、鉄鍛え、角耳となるところから二子山極めとしたものと思われる。 本作は時代に相反して古来から続く尾張鐔の作風をしっかりと踏襲した作となっており、時代のある古雅な雰囲気を醸し出している。

詳細

図柄 車透
時代 江戸
尾張
材質
7.5cm
6.9cm
重ね 0.5cm

金額

75.000円