刀装具

無銘


特徴

 本作は無銘ながら槌目地の鉄鍛えも良く、薄手で八ツ木瓜形の耳には銀覆輪がかけられている。図は龍が表裏に通っていて勢いよく上空に向かっていく様は砂潜り龍を表しているものか。砂原から出る龍を表現するために地をあえて槌目地に鍛え上げた作者の創意が感じられる一作。

詳細

図柄 砂潜り龍図
時代 江戸
不明
材質
9.1cm
8.7cm
重ね 0.5cm

金額

100,000円