刀装具

無銘


特徴

丸型の鉄地に尻尾の大きな栗鼠が表現され、周りには七宝が象嵌されている。栗鼠は葡萄と併せて「武道に律する」という意味を込めた図柄が江戸時代の武士に好まれた。

詳細

図柄 栗鼠に七宝象嵌図
時代 江戸
不明
材質
7,6cm
7,5cm
重ね 0.6cm

金額

70,000円