刀装具

(印銘)福永通

保存刀装具


特徴

本作は俵に高彫りされ鼠は金で象嵌されており、米俵に乗るネズミは五穀豊穣を意味した縁起の良い画題となっている。作者は金印で『永通』で極められているが銘鑑漏れしている。 私見であるが印銘は『通求(みちやす)』とも読め、銘鑑には佐野氏となっており研究の余地はあるかと思われる。

詳細

図柄 俵に鼠図
時代 江戸
不明
材質
7,2cm
6,7cm
重ね 0.7cm

金額

95,000円