刀装具

無銘(鎌倉)

保存刀装具


特徴

 鎌倉鐔は鎌倉彫りの工芸技法が由来。鉄地に草花や唐草文様などを薄く鋤彫され、主に戦国期に武用として用いられた。そのため鉄地は潤いが無く他の鉄鐔に比べて芸術性は乏しいが、 反面武用でのみ造られたことから無骨さの中に戦国期の武士の当時の趣が表現されている。本作も例にもれず地味な作りとなっているが鎌倉鐔独特の古雅が感じられる鐔となっている。

詳細

図柄 唐草文透
時代 室町
山城
材質
9.3cm
8.5cm
重ね 0.3cm

金額

85.000円