刀装具

無銘(武州伊藤派)

保存刀装具


特徴

 伊藤派は元々は鏡師の職をもって幕府の御腰物奉行の支配下に入り献上鐔を作っていた。その後、正長を初代とし幕府御用の鐔を造るようになり、その影響で駿河、長州、薩摩など 各藩の鐔工が列挙して江戸にて修業を積むことで各地に大きな影響をもたらした。本作は良質な鉄地に桜が鋤出彫された情感あふれる作となる。

詳細

図柄 吉野川図
時代 江戸
武蔵
材質
7.2cm
6.7cm
重ね 0.4cm

金額

65.000円