刀装具

無銘(伝金山)

保存刀装具


特徴

 金山鐔は尾張国の地にて室町中期頃から造られ、尾張鐔と同じく戦国時代の武士に非常に寵愛された。特徴は中低となりやや小ぶりで厚手、耳には点状の鉄骨が現れ、 図柄は幾何学模様の透かしが施される。本作は比較的に大ぶりながらも地鉄に古雅が感じられ金山鐔特有の造り込みとなっており時代を感じさせる鐔となる。

詳細

図柄 曲文透
時代 安土桃山
尾張
材質
7.4cm
7.4cm
重ね 0.7cm

金額

170.000円