刀装具

無銘


特徴

尾張徳川家の御納戸腰物役を務めた則亮が尾張二子山に住した。二子山とはその則亮の系統の金工群が作った作とみられる。本作は尾張特有のねっとりとした鉄槌目地の鍛えに車透かしが施され非常に古色あふれる作となる。

詳細

図柄 車透
時代 江戸
尾張
材質
7.3cm
6.9cm
重ね 0.4cm

金額

売約済