刀装具

無銘(伝勘四郎)

保存刀装具


特徴

慶長18年に生まれ平田彦三の門人となり白銀細工の相伝免許を得て独立開業し細川家の抱工となる。西垣家を創業し林、平田、志水家とともに肥後金工群の主流を形成し西垣家の祖となる。本作は肥後鐔特有の羊羹色の錆色をしており非常に味わい深い。勘四郎独自のあふり形(下張り形)になっており、肉置きも申し分ない。寒山箱書には「力作」と書かれ勘四郎入念の一作となっている。

詳細

図柄 桐巴透
時代 江戸
肥後
材質
8.3cm
8.3cm
重ね 0.4cm

金額

250.000円