刀装具

法眼常信之国 水府之住安光(金象嵌花押)

保存刀装具


特徴

安光は一柳派で江戸後期に活躍した水戸金工。作は大きな鉄地に波に龍の図が鋤下彫され金の布目象嵌が施されている。長銘に切られた銘の最後の花押には金象嵌が丁寧に施されている。

詳細

図柄 波竜図
時代 江戸
常盤
材質
8.4cm
7.9cm
重ね 0.6cm

金額

150,000円