刀装具

英光(花押)   

保存刀装具


特徴

英光二字銘。魚子の様子からすると三宅英充の子三宅家二代英光の作と考えられる。父英充は肥前長崎から江戸に出て横谷宗与の門人となり、毛利家の抱工となる。英光は稲葉通龍に「名人と呼ばるるに至りけり」といわれた父英充に迫るほどの名工。本作は質の良い赤銅魚子地に精密に彫られた鶏が親子で金色絵され、耳にも尾っぽが流れるように作られた非常に出来の良い作となる。

詳細

図柄 親子鶏図
時代 江戸
江戸
材質 赤銅
1.6cm
9.9cm

金額

商談中