脇指

下総守国義

                    

保存刀剣


特徴

本国日向より上京し初代国貞の門人となり、門下中最も先輩。下総守を受領し、師国貞の晩年期に山上国隆や加賀守貞則とともに代作代銘を作る。のちに石州浜田に移住し晩年は日州に帰る。 本作は大阪新刀らしく地鉄明るく冴えた作となっている。寒山鞘書きあり。

詳細

長さ

55,0cm

反り 1,1cm
時代 江戸
摂津
先幅 2.1cm
先重 0.5cm
元幅 2,8cm
元重 0.7cm

金額

450,000円