脇指

備中守橘康広

保存刀剣

特徴

紀州石堂の祖である初代為康の次男で、兄は二代為康。初銘「安広」。石堂派は備前一文字派の流れで、紀州和歌山、江戸、福岡に分派し繁栄した鍛冶集団。紀州石堂は寛永頃、康広を中心に大阪に移住したことで大阪石堂と呼ばれた。門弟に康永、祐国、多々良長幸がおり、一文字風の備前伝を焼く。

詳細

長さ 50.7cm
反り 0.7cm
時代 江戸
摂津
先幅 2.3cm
先重 0.6cm
元幅 3.2cm
元重 0.7cm

金額

850,000円