脇指

無銘(青江)

特別保存刀剣


特徴

青江とは鉄の産地であった備中国の青江と呼ばれたところで興った刀工群を総称したもの。一般的に平安末期から鎌倉初期を古青江と呼び、鎌倉中期から鎌倉末期までを中青江、南北朝期以降を末青江とされているが、明確な区分けはいまだ解明されていない。本作は薙刀直しの脇指となっており鎌倉時代末期にこのような姿のものが多くみられる。

詳細

長さ 59.0cm
反り 1.2cm
時代 鎌倉
備中
先幅 2.4cm
先重 0.5cm
元幅 3.0cm
元重 0.7cm

金額

980,000円