短刀

無銘(伝西蓮)

保存刀剣


特徴

良西の子、実阿の父、大左は孫にあたる。鎌倉末期、蒙古襲来に備え外冦防備を強化し設置された博多談議所に属して鍛刀していた。博多談議所は弘安九年に設置され、その間西蓮による鍛造は長期に及んだと思われる。本作は板目流れて直刃で沸の強い九州古典派の作となっている。

詳細

長さ

28.6cm

反り 0cm
時代 鎌倉
筑前
先幅 1.9cm
先重 0.4cm
元幅 2.5cm
元重 0.7cm

金額

700,000円