短刀

資正作(加賀四郎・和泉)

保存刀剣


特徴

加賀四郎と号す。本国加賀。藤島派の鍛冶で室町初期に泉州堺に移住したと伝えられ、文明から永正にかけて数代続いたと思われる。他資利、資永、資次など資正一門と伝えられているが作刀はほとんど見ない。本作の資正作も現存するのは希少であり、「南無阿弥陀佛」と彫りが添えられた健全な作となっている。

詳細

長さ

20.5cm

反り 0cm
時代 室町
和泉
先幅 2.1cm
先重 0.4cm
元幅 2.6cm
元重 0.3cm

金額

600,000円