刀剣

備前国長船祐光 亨徳二年二月日

特別保存刀剣


特徴

祐光は二代利光の子で右京亮勝光と左京進宗光の父といわれ永享から寛正までの作刀がある。室町初期の応永(1394~)に栄えた応永備前と文明(1469~)以後の末備前との中間期にあたることから、祐光のほか則光、利光らも総称して永享備前と呼ばれる。本作はそ亨徳二年(1453)の年紀の入った作となる。

詳細

長さ 72.0cm
反り 2.4cm
時代 室町
備前
先幅 1.8cm
先重 0.5cm
元幅 2.6cm
元重 0.6cm

金額

2,300,000円