刀剣

真鍋純平作 昭和戊辰年仲秋吉祥日


特徴

純平は昭和28年生まれ。昭和50年に人間国宝・宮入行平に入門し、52年師の急逝により河内国平氏に師事。昭和55年作刀承認。出雲の砂鉄を用いて自家製鋼で作る玉鋼に高い評価があり、一貫して相州伝を作る。 本作は昭和六十三年の刀で身幅広く切先は大きく伸び、地鉄はよく詰み、刃文は沸よくつき小湾れに小足入り見ごたえのある至極健全な一振りとなっている。

詳細

長さ 74.2cm
反り 1.8cm
時代 昭和
兵庫
先幅 2.7cm
先重 0.6cm
元幅 3.4cm
元重 0.8cm

金額

750,000円