刀剣

秀近造

特別保存刀剣


特徴

古備前の刀工。詳しい記録は残されていないが、特別重要刀剣指定の一振りが確認されている。古備前には基近、信近とおり基近には「基近造」という銘の太刀も現存していることから秀近も同系統の刀鍛冶かと思われる。 本作は生ぶ茎在銘で、姿は腰反り強く小切先となる。地鉄は板目肌やや肌立ち映り入り、刃文は小沸つき小乱れに丁子刃交じり金筋さかんにかかり華やかな出来となっている。一文字派にも見紛うような出来からすると、おそらく鎌倉初期から中期にさしかかる頃の作刀かと考えられる。桐紋金具の付いた金梨地太刀拵付。

詳細

長さ 74.5cm
反り 2.1cm
時代 鎌倉
備前
先幅 1.6cm
先重 0.3cm
元幅 2.7cm
元重 0.6cm

金額

4,800,000円