刀剣

肥前国忠吉(九代)

保存刀剣


特徴

八代忠吉の子。天保三年に生まれ明治十三年四十九歳にて没。父八代忠吉が没した安政六年に二十八歳で家督を継ぎ、藩主の用や注文に応じていたが廃刀令により鍛冶を廃業している。九代忠吉の作は八代忠吉の銘に酷似していて八代作とされていたため九代作は希少。 本作は肥前刀特有の直刃に鍛えがよく詰んだ小糠肌の造り込みとなっている。

詳細

長さ 70.3cm
反り 2.1cm
時代 江戸
肥前
先幅 2.2cm
先重 0.7cm
元幅 3.1cm
元重 0.7cm

金額

700,000円