刀剣

相模守藤原国綱 □住以地鉄下シ打之

保存刀剣


特徴

初代国綱。時代慶安頃。越前下坂一派で初代兼植門人。越前から江戸に移る。相模守を受領する。 本作は身幅広く重ね厚く磨り上げながらも二尺三寸五分あり、健全な造りとなっている。記録が少ないため茎裏に切られた「□住以地金下シ打之」の居住地は判然としない。

詳細

長さ 71.4cm
反り 1.1cm
時代 江戸
越前
先幅 2.3cm
先重 0.6cm
元幅 3.2cm
元重 0.7cm

金額

700,000円