刀剣

無銘(尻懸後代)

保存刀剣


特徴

尻懸派は鎌倉末期に大和国で則長を祖とし、同銘が室町時代末期まで続く。 本作は後代尻懸と極められ、板目肌に柾がかり大磨り上げながらも長寸で身幅広く健全な作となっている。

詳細

長さ 75.0cm
反り 1.0cm
時代 室町
大和
先幅 2.1cm
先重 0.6cm
元幅 3.1cm
元重 0.8cm

金額

650,000円