刀剣

伯耆守藤原汎隆  越前住

保存刀剣


特徴

汎隆は越前下坂一派で伯耆大掾から伯耆守を受領し、美濃国関から越前に移った刀工の末流で道本兼植の門人と思われる。本作は美濃風の匂口の締まり丁子乱れの華美な出来となっている。

詳細

長さ 70.0cm
反り 1.3cm
時代 江戸
越前
先幅 2.0cm
先重 0.5cm
元幅 2.9cm
元重 0.8cm

金額

1,400,000円